子宮脱,子宮下垂,膀胱瘤,直腸瘤,尿道脱,膣脱などの骨盤臓器脱(性器脱)の症状を改善する治療用具「フェミクッション」を開発している女性医療研究所|骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)の関連リンク

フェミクッションのお問い合わせ TEL:03-5319-2676 FAX:03-5319-2677
  • HOME
  • 骨盤臓器脱の関連リンク

骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)の関連リンク

「女性泌尿器科へ行こう」Net

骨盤臓器脱・尿失禁など女性骨盤底の病気を専門とする梅田ガーデンシティ女性クリニック 女性泌尿器科・ウロギネセンターでは、骨盤臓器脱に悩む一人でも多くの女性の相談にのり、治療法を含む適切な情報を提供するために、専門医師による無料電話相談を実施しています。
相談対応者 竹山政美医師 加藤稚佳子医師

Urogyneネット

子宮脱治療、膀胱脱治療の手術、尿もれ治療手術を専門とする医師、野村昌良のページです。子宮を取らずに治療する最新医療のメッシュ手術を行う日本ではまだ数少ないウロギネ専門医。骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱脱、直腸脱)の症状や原因、治療方法を解説します。また尿漏れ治療や子宮脱手術の症例数を多くもつ専門機関もありますので、思いつめずに、相談を。

東邦大学大森病院リプロダクションセンター

骨盤臓器脱手術には、人工メッシュを用いたTVM(経腟)やLSC(腹腔鏡)などの手術法があります。一方、患者の中には異物挿入や腹腔鏡手術を怖がる方も多いと思われます。そこでわれわれは人工メッシュを使わない骨盤臓器脱手術方法に新たに自家組織(真皮)移植法を追加して、安全性と有効性を高める方法を開発しました。真皮移植は、形成外科領域、陰茎形成手術でも頻繁に使用されており、骨盤臓器脱手術での真皮移植法では、真皮が裏面(膀胱側)と表面(膣粘膜側)の両側から血流が供給されるので真皮の生着率も高く、安全性と有効性の高い手術です。
また、真皮移植片・膀胱・子宮を非吸収糸で骨盤筋膜腱弓や仙棘靭帯などの硬い組織に確実に釣り上げるので有効性がさらに高まります。

▲ ページトップ