子宮脱,子宮下垂,膀胱瘤,直腸瘤,尿道脱,膣脱などの骨盤臓器脱(性器脱)の症状を改善する治療用具「フェミクッション」を開発している女性医療研究所|骨盤臓器脱とは?

  • HOME
  • 骨盤臓器脱とは?

骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)とは?

骨髄臓器脱がどのような病気なのか概要をご案内いたします。

子宮脱・膀胱瘤・尿道瘤・直腸瘤・小腸瘤

骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)とは、子宮・膀胱・尿道・小腸・直腸などが、女性器(膣)に下垂し膣外に出てきてしまう病気です。別名「性器脱」、「膣脱」ともいわれ、古には「なすび」と云われた疾患です。出てくる臓器によって、子宮脱・膀胱瘤・尿道瘤・小腸瘤・直腸瘤と呼ばれて骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)とはその総称です。海外ではPelvic Organ Prolapse (POP)の名称を用いられ、日本でも骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)という名称が使われるようになりました。骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)は、骨盤内の臓器を支えている骨盤底を構成している筋肉や靭帯(骨盤底筋群)が脆弱になるために膣のある部分、もしくは全部が下垂してきて、重症になると外陰の外まで脱出してきてしまいます。 これらの骨盤内の臓器が体外に脱出すると、空気にさらされ、下着に摩擦などで出血を伴い、歩行困難、尿失禁や排尿障害、便失禁や排便困難などの症状を招き、日常生活が著しく阻害されます。
また、骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)は、この病気の治療に携わる専門医も不足しており、治療方法もリングペッサリーの装着か或いは手術と限られております。原因としては、出産があげられますが、他にも癌や子宮筋腫のため、子宮摘出手術を受けた女性は、周辺の臓器が支えを失い、膀胱や直腸や小腸などが膣に落ち込みやすくなります。
治療についても、授産を望む女性は、リングペッサリーも手術も適応外であり、リングペッサリーがどうしても適さない方、或いは癌の治療や糖尿病などの持病のため手術を受けられない人も多くいるのが現状です。
更に骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤など)は、日本では認知度が低く、実際に症状があっても、病気と気が付かずに放置をしてしまう人もいます。また、医療機関を訪れたくても恥ずかしいなどの理由で受診を拒んでしまう人も多く、命には関わらないため、家族からも孤立し1人悩んでしまうというケースが多い病気です。
海外では3人に1人が罹患しているとのデータがあり、日本でも同様に潜在患者がいると推察されます。(Olsen AL et al. Epidemiology of surgically managed pelvic organ prolapse and urinary incontinence. Obstet Gynecol 1997;89:501-6)
image

▲ ページトップ