子宮脱,子宮下垂,膀胱瘤,直腸瘤,尿道脱,膣脱などの骨盤臓器脱(性器脱)の症状を改善する治療用具「フェミクッション」を開発している女性医療研究所|フェミクッション-お医者様へ

フェミクッションのお問い合わせ TEL:03-5319-2676 FAX:03-5319-2677
  • HOME
  • フェミクッション-お医者様へ

フェミクッション-お医者様へ

フェミクッションによる治療・予防の特長

フェミクッションによる治療・予防の特長

フェミクッションは、骨盤臓器脱(性器脱)の治療や予防のために開発されました。
子宮脱・膀胱瘤・尿道瘤・直腸瘤・小腸瘤・膣脱などの全ての治療に有効です。
下垂した臓器を優しく受け止め、体内に保持することにより、痛みや出血を緩和し、通常の日常生活を取り戻していただけます。従来の治療法が合わない方でも、臓器や粘膜への負担が少なく、下着感覚で簡便に使用できます。出てくる部位によって診療科を変える必要がないため、先生方には継続した治療を行っていただけます。また排尿困難については、高い改善度が報告されています。手術やリングペッサリーに次ぐ新しい治療用具としてお役立てください。

このような患者様に最適です

○ 従来の治療法が合わない方
○ リングペッサリーが適さない方 ― びらん・感染症・膣ろう・膣口が開き落ちやすい
○ 持病などで手術の受けられない方
○ リングペッサリーを希望されない方
○ 手術を希望されない方(手術への決断ができない方)
○ 手術待ちのためリングペッサリーを外す方
○ なかなか通院できない方(遠方にお住まいでなかなか受診できない)
○ 夫婦生活に難がある方
○ 手術の再発 ― 他の臓器の下垂・膣頸部下垂・メッシュの違和感

フェミクッションの特長と効果

装着イメージ

この製品はクッション、ホルダー、そしてサポーターを組み合わせて使用します。症状が進行した下垂、膣から脱出して押し戻した膀胱などに対して、柔軟性に富むクッションを膣口に当てます。クッションを少量の尿、おりものを吸収するホルダーに取り付けます。ホルダーは、マジックテープを介してサポーターに貼り付けます。サポーターは腰に固定し、サポーターに取り付けた保持ベルトを調整することにより、クッションを膣口に密着させます。これにより、下垂の進行の防止、脱出した臓器の支持ができます。クッション、ホルダー、そしてサポーターは、患者さん自身で脱着することができます。この用具は、日常の起居した生活においてご使用していただきます。使用中も患者さん自身で使用状態を確認できること、使用の間合いを利用した清潔な状態を維持するための洗浄、破損等の有無の点検により安全にご使用いただけます。

フェミクッションご利用方法 (フェミクッション指導方法)

フェミクッションご利用方法 (フェミクッション指導方法)

患者さまには最初、全て必要なものが入っている、スターターキットミニというものをご購入いただきます。全て共通で入っていますが、サポーターのサイズのみ腰回りに合わせて選んでいただきます。選定方法など詳しくはパンフレットをご参照ください。使用時は必ず臓器を還納した状態で装着していただき、最初はクッションサイズSから始めていただきます。臓器が収まらないまたは下垂感がある場合は、次のサイズ(M)にしていただきます。詳しい装着方法については、医療従事者向けに「フェミクッション指導書」というものをご用意しておりますのでご活用ください。また構成品はすべて洗って繰り返し使用できます。必用に応じて追加でご購入いただけます。

クッションについて

クッションについて

直接膣口に当たる部分です。表面は最も安全とされている、シリコーンゴム100%を使用しております。内部にはクッション材が入っているため、振動を吸収し、臓器を優しく受け止めます。膣口の大きさに合わせてお使いいただけるよう3種類のサイズを揃えております。また使用されていないサイズもお手元に保管していただき、症状の変化い合わせて対応できるようになっております。

ホルダーについて

ホルダーについて

尿やおりものを吸収します。それぞれ表面は、水分を下に落としサラサラする特殊な素材を使用しています。またクッション差し込み口は、膣粘膜に刺激のないよう配慮し、縫い目のいらない特殊素材です。クッションを差し込むことにより、衛生材のように扱えます。

サポーターについて

サポーターについて

サポーターは、外観上は下着のようですが、全体を持ち上げ、クッション部分を膣口に違和感なく密着させるという、とても大切なものです。腰のベルトは、腸骨やウエスト(またはお腹の脂肪など)にかけ、全体を保持する為に重要な支柱の役割となります。縦のベルトを引き上げることにより全体を固定し、臓器を体内で保持します。

ご指導頂く方へのお願い

ご使用中の患者様のケアのお願い

ご使用いただく初期は、通院を奨めていただき、症状の程度の診察をお願いします。

取扱説明書

パンフレット

▲ ページトップ