子宮脱,子宮下垂,膀胱瘤,直腸瘤,尿道脱,膣脱などの骨盤臓器脱(性器脱)の症状を改善する治療用具「フェミクッション」を開発している女性医療研究所|フェミクッションについて

  • HOME
  • フェミクッションについて

フェミクッションについて

子宮脱や膀胱瘤など骨盤臓器脱の新しい医療機器「フェミクッション」 

フェミクッション フェミクッションは、子宮脱,膀胱瘤,直腸瘤,小腸瘤,尿道脱など、全ての骨盤臓器脱(性器脱)の治療と予防を目的とした新しい医療機器です。クッション、ホルダー、サポーターの3つの構成品を組み合わせ必要な時にご自身で装着または脱着ができます。
臓器が膣内に戻っている状態で膣口をクッションで抑え、ホルダーとサポーターで押上げ保持する機能となっております。
装着してすぐに症状を緩和し、腹圧がかかっても臓器が外に出ず、安心して日常生活を過ごしていただくことが可能となります。また、就寝時などは、臓器が戻っているため装着の必要はありません。更に繰り返し洗って衛生的に使用でき、他人から知られ難いように配慮し、下着のように見えるデザインとなっております。

フェミクッションによる治療の考え方

フェミクッションは、膣内に挿入して使用するものではありません。
臓器を膣内に戻した状態で、外部からクッション、ホルダー、サポーターを用いて膣口を塞ぎ、押上げを保持するという、最も身体に優しい治療方法です。フェミクッションを装着することにより、骨盤臓器脱で脱出した臓器(子宮-子宮脱,膀胱-膀胱瘤,直腸-直腸瘤など)を優しく受け止め、臓器を体内に保持することにより、痛みや出血などの症状を緩和します。またフェミクッションを装着し、日常の生活行動や散歩更には運動をすることで、骨盤底筋を鍛え、症状の進行を防ぐことができます。更には、「腹圧により臓器が脱してしまうのではないか?という不安が無くなりました。」という声も多く頂いております。

フェミクッションはこのような患者様に最適です

○ リングペッサリーが適さない方
○ 持病などで手術の受けられない方
○ リングペッサリーを希望されない方
○ 手術を希望されない方(手術への決断ができない方)
○ 手術待ちのためリングペッサリーを外す方
○ なかなか通院できない方

フェミクッションのコンセプト

○ 独自開発の3つの構成品(クッション,ホルダー,サポーター)
○ 症状に併せてご自身で使えます
○ 下着感覚の履くスタイルの医療機器です
○ 毎日洗って清潔に使えます
○ 身体に負担をかけないように配慮されています

取扱説明書

パンフレット

▲ ページトップ